家具レンタルの料金

家具レンタルの料金は買取よりも安くなるのでしょうか。
短期間であればレンタルの方が安くなるのですが、それを具体的に計算しておくべきでしょう。
もちろん、サービスを提供する会社によって金額体型は異なりますが、基本的な考え方はおんなじとしていいでしょう。
まずは、申込金だ。
これはレンタル商品の約3割の金額を払います。
無論、返却時折申込金は帰ってきますから、裏付けとしておけばいいでしょう。
万が一家具を崩したりした時折その申込金から差し引かれることになります。
申込金以外には毎月の賃料だ。
一般的には家具の代金の3%程度と言われています。
10万円の家具の場合を計算してみましょう。
申込金は3割の3万円、毎月のレンタル料は3%の3,000円だ。
1年で36,000円だ。
非常に安い金額となるでしょう。
単純計算だけで考えれば、3年で購入とレンタルがほぼ同じ金額となります。
サービスを頼むときの契約期間の設定によって、正に支払う金額は変わりますが、短期間で引っ越しをすることがわかっているなら、レンタルはカワイイ金額となるでしょう。
送料や返却料が発生するサービスもありますが、それは申込まま確認しておくことが重要です。
ただ、家具レンタルによるメリットを料金だけで判断するのは、リスクが高いと考えなければなりません。
レンタルサービスを提供している業者は共に各種サービスも提供しているからです。
家電品のレンタルだけではなく、取り付け工事もやって頂ける。
エアコンや洗濯機は設置が面倒ですから、女性の単身には、ほんとに頑張るでしょう。
それから、家具レンタルでは単品だけのレンタルができない場合もあります。
総額が一定額を超えるような申し込みに限定されているからです。
テーブルだけであれば、5万円程度ですから、サービス業者側もメリットが少ないと考えているのでしょう。
10万を下回る場合、別料金が発生するかもしれません。
それから、レンタル期間が満了になってから買い入れる方法もあります。
この場合でも初めから新品を購入するよりも安くなるケースがほとんどです。
使ってみて、常に所有していたいと思ったら購入するという考え方もいいでしょう。【ガチ】白汁は楽天やAmazonが最安値はうそ!口コミ体験談あり