大学受験生にかける言葉。気を付けるポイントはココ!�@

大学受験というと、当事者です受験生はもちろんの事、親も心穏やかでは暮らせない日々を送っている事でしょう。

そんな中で、親としてどんな言葉かけを通して、子供のやる気を高まらせたり、心を害する事無く応援する事ができるのか、耐える家庭は多いものです。

そこで、ここでは言葉をかける時に、気を付けるポイントというのをお伝えしていきたいと思います。
お子さんの性格は十人十色。それぞれに性格が違ければ、おんなじ言葉であっても受け取り方も違っていきます。

ですので、ポイントを抑えていく事で、自分の子どもの場合にはどのようにすれば良いのか…そこは、お子さんの事をぐっすり見て、理解している親の中で考えて味わう事によって、効果はより高いものとなります。

こうお話ししても、よくは解りませんね。
ですので、具体的にお話ししていきたいと思います。

その前に、大切なお呼びのポイントです。
ポイントは4つあります。これらを気を付けて出向く事でお子さんの心を傷つけず、追い風となる事でしょう。

●お呼びのポイント●
1、子供自身が気作るようにする
2、子供の頑張った面を受け入れる
3、子供に期待をしているという事を訴える
4、第三者において知らせる

●具体例:受験勉強にやる気のないお子さんへのお呼び●
例えば、家でとても勉強をしていないお子さんが来る家庭を想定してみます。
実際の悩みの中でも、そういった勉強をしなくて耐えるという親は多くいらっしゃいますので、共感やる方も多いはず。

そういう勉強をしない受験生に対して、アナタならどのように声を掛けますか?

つい、
『長々していないの!敢然と勉強しなさい!』

そんなに、言ってしまわないですか?
親としては親身に心配している分、思わず言って仕舞うフレーズだ。

ですが、このようにお呼びをされても、勉強をしていない、やる気が今一つ起きないお子さんの場合には、『騒々しいなぁ』『勉強しているよ!』『口出しするな!』と反発して仕舞う事が多いです。

なので、ここで効果的なのは、受験生ですお子さん自身から、やる気が出るように持ち歩くについてになります。

この辺りにおいて、次のページでは、親子でのやり取りの場面を通じて、言葉かけについてのポイントをお伝えしていきます。車査定はメールのみ連絡する業者を選ぼう♪一括買取は電話がウザい?